セルライトエステで内出血したら

セルライトエステでは、体を温めて脂肪をやわらかくし、機械や手によるマッサージで血流やリンパ流を活性化させてセルライトを少しずつ排出させていくというのが、主な施術内容になります。

 

しかし、セルライトエステに行ったあと、施術を受けた箇所が内出血になったという声がけっこう多く聞かれます。

 

セルライトエステではマッサージの時にもみ出しを行うところがあります。物理的な力を加えることでセルライトの塊をつぶし、排出させやすくするという施術です。

 

セルライトの塊をつぶす時

 

セルライトは初期段階のうちは小さくやわらかいのですが、皮膚がでこぼこするほど進んでしまうと、硬く大きくなり、しかも毛細血管など周囲のさまざまな組織を巻き込んで固まってしまいます。

 

そのため、硬いセルライトをつぶそうとして強い力を加えると、脂肪と一緒に毛細血管が傷つき、内出血になることがあります。

 

また、セルライトがある箇所は老廃物が脂肪細胞に取り込まれるため、排出がスムーズに行われず、全体の代謝が落ちています。

 

血液の流れ方が少ないと、毛細血管はだんだん柔軟性をなくして破れやすくなります。

 

もみ出しで内出血が起こるのにはこうしたことも原因です。

 

強い力を加えないと解消されないという説がある一方、リンパ流を促進させるのが第一であるから、あくまでソフトなマッサージで充分という説もあります。

 

内出血の場合は痩身エステサロンに相談を

 

しかしいずれにしても内出血が起こるようであればマッサージは強すぎると判断するべきです。

 

血管が破れると血行は促進されませんから意味がありません。通っているセルライトエステでもしも内出血するようであれば、スタッフに伝えて弱くしてもらいましょう。

 

またはソフトマッサージ主体のセルライトエステに変えてもよいと思います。前述のようにもみ出しはセルライト解消に必須ではないのです。

 

セルライトは、脂肪細胞の周りに余分な水分や老廃物が付着し肥大化したもので、進むと皮膚がでこぼこになるなど美容的な問題も生じてきます。

 

最近はセルライト対策に特化したセルライトエステというエステも登場し、悩んでいる方がいかに多いかが分かります。

 

セルライトを落とすならここ!おすすめ痩身エステランキング

<<セルライト解消!痩身エステランキング>>

TOPへ