セルライト除去の方法

エステサロンの施術の中で最も人気の高いのがセルライトエステです。セルライト除去は入浴やストレッチなど、自宅でも行うことができますが、自己流で除去しようとすると激しい痛みを伴い、肌や皮膚組織を痛めてしまうこともしばしばあります。

 

セルライトは脂肪細胞に老廃物や水分が固まってできるものです。

 

このセルライトは、普通の脂肪と違って一度ついてしまうとなかなか落ちにくい性質のため、自分でマッサージをするのは前述のようなリスクを伴い、さらに相当の指の力と根気が必要です。

 

美容外科でもセルライトエステと似た効果が得られる脂肪吸引療法があります。これは、細長いホース状の管を背中や脇腹など約5箇所程度に穴を開けて差込み、前後にゆすりながら脂肪を吸い出す方法です。

 

この施術は血液やリンパ液なども一緒に吸い出されてしまうなどの危険が伴います。また脂肪による機能障害がない限り、原則として健康保険は適用外です。

 

セルライトエステ以外の除去法は、ほかに脂肪溶解注射などがあります。別名、メソセラピーと言います。

 

脂肪を溶かす成分を数回に分けて注射針で注入する方法です。しかしこれも、異物を注入する為、しこりができるなど副作用があります。

 

このような開腹、縫合を一切せずに高い効果を得られるのはセルライトエステでの大きな利点です。

 

全国展開しているエステサロンのうち、ミスパリ、エルセーヌ、TBCはセルライトエステに特に定評があります。三社とも全身脂肪溶解コースから二の腕、お尻、ふとももなどの体の一部に特化したコースが幅広く用意されており、20代から30〜50代にも人気を博しています。

 

また愛知県のセルライトエステサロンでは、ラジオ周波での脂肪溶解を採用し、温かく痛みを感じないように配慮しています。

 

しかし、溶かした老廃物を流すマッサージの際、流れの悪い部位や冷えやすい手足の末端などは、どんな施術でも多少痛みを感じます。

 

セルライトを除去したい部位がどこか、どのように除去したいのかを考え、自分に合ったセルライト除去法を見つけることが大切です。

 

セルライトを落とすならここ!おすすめ痩身エステランキング

<<セルライト解消!痩身エステランキング>>

TOPへ