M3wave(エムキューブウェーブ)のセルライトエステ

痩身エステの美容機器も多種多様なものがあり、値段も様々です。

 

低周波や赤外線やキャビテーション、ラジオ波でもどれが効果的で何が違うのか、なかなか分かりづらく選びにくいこともあります。

 

今回は低周波機器のひとつのEMS機器について紹介しますが、EMS機器の中でも近年よくエステでみられる「M3wave(エムキューブウェーブ)」機能がついている機器の効果について解説します。

 

EMSとは?

セルライトエステでも人気になりつつあるEMSは、

  • 電気的(Electric)
  • 筋肉(Muscle)
  • 刺激 (Stimulation)

の略で、直接電気刺激を与えることで筋肉を動かすことを可能にしたのがEMS機器です。

 

EMS機器のメリットは、自分の脳からの命令ではなくEMS機器からの電気信号で筋肉が動かされるため、運動や筋トレを自分自身で行うことなく筋肉トレーニングができるお手軽な点です。

 

そのため活躍の場はエステなどの美容面に留まらず、スポーツの場やリハビリの場など広がり続けています。

 

しかし実際にEMS機器を試された方の中には、ビリビリする。や思った効果が得られなかったという方も多いのではないでしょうか。

 

以前までの一般的な低周波機器だと電流が一直線に筋肉に下降していき、レベルを上げると電流に刺激をされ、ビリビリ感じます。

 

そして筋肉の表面の筋肉、白筋しか刺激をしないため思っていた以上の効果はなかなか現れない方が多かったようです。

 

白筋と赤筋、どっち使う?

 

もともと筋肉の働きは2種類に分かれます。ダッシュやジャンプなどの瞬発的な動きをするときに使用する白筋と有酸素運動や水泳などの動きをするときに使用する赤筋です。

 

白筋は使用することで糖をエネルギーとします。そして赤筋は使用することで脂肪をエネルギーとします。

 

その為、効果的に脂肪を落とすためには、赤筋を使わなくてはいけません。

 

特に女性の場合だと、筋肉ムキムキの身体より引き締まったボディに憧れるものではないでしょうか?

 

その場合、筋肉量を多くして太りにくい身体を作るために白筋を刺激することは大切ですが、より脂肪を燃焼させる赤筋を刺激することがダイエットのカギとなってきます。

 

従来の低周波機器ですと、この白筋のみしか刺激を送ることができずに、効果を得られなかったものも数多くあるそうです。

 

M3waveのすごさ

M3wave(エムキューブウェーブ)機能がすごい点は名称にも使われている3つの周波数を自由に使いピリピリ刺激を少なくした快適な使いここちと、施術効果の高さです。

 

この機器は脂肪の厚さや筋肉の大きさに関わらず、筋肉の深部に電流を届けるために、低周波だけではなく高周波成分を含む多種多様な中周波・低周波の電流の波を立て刺激を最小限に抑え筋肉の深部まで隈なく刺激をします。

 

そして通常だと電流の刺激に対して筋肉の反応は時間が経過するとともに活動が低下すると言われています。

 

しかしこのM3waveは筋肉に達しても尚、周波数を波のように変化させることにより筋肉の電流の刺激への慣れを防ぎ、効果的なトリートメントを実現します。

 

体重をしっかり落とす。と言う目的よりも、ボディラインを整えたい、筋肉量を増やして太りにくい体質にしたいという方にとって即効性が高い機器です。

 

機械単体での施術だと汗もかかないので、メイクが落ちる心配もありません。時間も15分から60分までの単体コースも多く出てきています。そして値段もお試ししやすく、継続しやすい値段設定のサロンが多いのも嬉しい特典です。

 

だからこそEMS機器が苦手だった方も、今も愛用されている方も、従来のEMS機器との施術効果の違いを体感してみて欲しいです。

 

また組み合わせるとしたら、セルライトエステの身体を温めるパックやコース、サウナや岩盤浴のあとにこの機器の施術を行うとより多くの効果を実感することができます。

 

セルライトを落とすならここ!おすすめ痩身エステランキング

<<セルライト解消!痩身エステランキング>>

TOPへ